About Us-J

About Us

ワシントンDC日米協会

米国の首都として150年以上、ワシントンDCは日米関係の中心に位置してきました。しかし国務省幹部数名と日本大使館の友人達によってワシントンDC日米協会が創立されたのは、ほんの50年前、1957年にすぎません。  当協会の最初の公式行事は1957年6月22日、首相に就任したばかりの岸信介氏を迎えたことでした。  このとき岸首相は、人と人とのつながりの重要性を強調し、こう語ったのです。「両国政府同士の結びつきは日米関係の片面にしか過ぎない、という私の意見に賛同して頂けると思います。私達の国の結びつきをもっと緊密にするため、ことによるとそれと同じか、それ以上に重要なのは、経済、文化、そのほか様々な分野における個人的レベルの関係です。」  オフィシャルなワシントンと繋がりを持ちながらも、当協会は、私立・非営利・無党派の教育的機関として、日本と6百万人以上が住むワシントンDCエリアの人々のより深い理解を促進ため全力を尽くすという創立の目的を決して忘れはしませんでした。

広報

私たちのオフィスはワシントンDCにあるため、当協会はアメリカと日本両方の政府の要人や、ビジネスのリーダー、皇族をホストしてきました。数多くの日本の元首相に加え、Toyotaの豊田氏やソニーの創業者の森田氏などが私たちのプログラムでスピーチを行いました。戦後の殆どの駐米大使を私たちのプログラムに招き、彼らの多くが私たちの組織の会長を務めてきました。

さくらまつり

さくらまつり Japanese Street Festival は、1961年に第1回が開催され、今 では1日規模の日本文化に関するイベントとしては、アメリカ最大に発展しまし た。毎年4月にNational Cherry Blossom Festivalのクライマックスイベントとして開催され、ワシントンDCの中心地の6ブロックにわたって行われます。

教育的アウトリーチ

次世代のアメリカ人を対象にし、日本に興味を持ってもらうためのプログラムの催行は、当協会の重要な 任務の1つです。当協会のボランティアが地元の学校や図書館を訪問し、Japan-in-a-SuitcaseやVisit Japan at the Libraryといったプログラムで小学生を対象に日本の子供たちの生活を紹介します。

Japan Bowl®.

“ジャパン・ボウル”は 1992 年に日米協会ワシントン DC が初めて主催し た、全米で日本語を勉強している高校生を対象に行われる、日本語・日本 文化クイズ大会です。日本語だけに限らず、歴史やスポーツ、文化など日本そのものに関する知識が試さ れます。1993年にワシントンDC地区を対象とした始めての大会を開催して以降、グアムやハワイをふくむ全米中の地域から生徒を集めて大会を行います。

この半世紀の間、日米関係は様々な変化を遂げてまいりました。その中でワシントンエリアにて個人レベルにおいて日本文化、社会そして経済においての日米友好関係に貢献していくという日米協会の目的は、創立当初から変わることありません。